軽トラの処分、損をしない処分方法

軽トラ、軽トラックの処分をお考えの方、使わなくなった軽トラを廃車にしたい、廃車するしかないと思われる軽トラを売る方法などを紹介しています。

 

軽トラは中古車として需要が結構あります。古くなった軽トラ、年式が古い軽トラでも売れるケースは少なくありません。

 

軽トラを廃車する前に、買取してくれる業者を探してみませんか?

 

自動車を廃車にするにしてもお金がかかります。ディーラーで廃車を依頼した場合、1万円程度の廃車代行手数料などが必要になることが多いと言えます。

 

軽トラでも同様に廃車をディーラーや車屋に依頼した場合、廃車手数料が必要になります。また、動かせる軽トラなら問題ありませんが、廃車にする軽トラのほとんどが故障や車検切れなどで動かせないことが多いと思います。
その場合、移動するためにレッカー団なども必要になることもあります。

 

軽トラを処分、廃車にするだけでも1万円以上の出費になってしまうことが多く、レッカー費用などが掛かる場合は、3万円から5万円程度の出費も覚悟しなければならないですね!

 

そこで、当サイトでは軽トラの処分の際に廃車という選択意外に、買取してくれる業者を探してお金にする方法を調べました。

 

実は、軽トラは、年式が古くなっていても需要がある場合も多く、乗用車よりも売りやすいと言われます。

 

例えば、古くなった軽トラを私有地での運搬車として利用する際には、車検なども必要なく、古くても動けば需要があるケースも多くあります。

 

また、最近では軽トラが海外で人気が高くなっていることで古い軽トラでも買取してくれる業者も増えています。

 

このような理由から軽トラ、軽トラックは、廃車する前に売却する方法を試してみることをおすすめします。

 

軽トラの売却で重要なのが処分したい軽トラの買取に興味のある業者を探すことです。その方法の1つが、ネットの車買取一括査定サイトです。

 

車買取一括査定サイトなら提携している中古車店や車買取業者に登録した自動車の情報が共有されることで登録した車の買取に興味のある業者を探すことが出来ます。

 

廃車にするような車でもその車の買取に興味のある業者が見つければ、売却することが可能になると言えます。

 

この方法なら年式の古い軽トラでも売却が出来るケースも多くなります。

 

無料で利用できる査定サービスですので、まずは、廃車処分する前に買取、売却できるかを試してみてください。

 

 


25年落ちの軽トラが売れる訳

25年落ちの軽トラが最近話題になってるのを知っていますか?

 

25年落ちですよ!10年落ちでも中古車としての値打ちが半減するのにその倍以上の年数の軽トラが買取されているのです。

 

では、なぜ25年以上経った軽トラの中古車が売れるのか?

 

普通なら廃車するしかないようなボロボロの軽トラを買取しています。

 

これには理由がありました。

 

アメリカの25年ルールです。

 

簡単に説明すると

 

アメリカで発売されていない車、車種は基本、アメリカの安全基準や排ガス検査を通ってないため、輸入しても一般道を走ることが出来ません。

 

しかし、製造から25年以上経過した車、車種はクラシックカーとして認められ排ガスや安全基準をパスしてなくても輸入することが可能です。

 

つまり、軽トラはアメリカ国内で販売されていません、しかし最近、アメリカでは軽トラの人気が高まり、カスタム、改造することが流行しています。

 

その為、25年落ちの軽トラは、輸入車ディーラーなどがこぞって買取しています。買取価格も驚くほど高くなることもあります。

 

 

25年ルールで、中古車価格が高騰した車種の中には、日産のスカイラインGTRやホンダのNSXなどが挙げられます。他にも三菱のランサーエボリューション、日産シルビアS14なども25年ルールで高額取引されたことがある車種です。

 

ほとんどがスポーツタイプの車で改造車のベース車として人気が高いモデルです。

 

しかし、軽トラは上記の車とは全く違うモデルですが、独特の進化をしてきた軽自動車のトラックということでアメリカで人気が高まってきています。

 

そこで目りつけたのが25年ルールで、25年落ちの軽トラです。しかし25年以上経った軽トラの中古車は数も少なく、輸入車ディーラーの方も探している方も多く、あれば高額価格で売ることが出来るケースもあります。程度が良ければ、年式の浅い軽トラの中古車よりも高く売れることもあると言います。

 

このような、アメリカの25年ルールで古い軽トラでも売ることが出来るケースもありますのでボロボロの軽トラが自宅の倉庫に放置していて処分に困っている、廃車する前に査定に出して見ることがで思わる収入にもつながることもあるので、まずは、売れるにしろ、売れないにしろ査定に出してください。


事故車の軽トラの処分、売却

軽トラの処分の中でも厄介なのが事故車ではないでしょうか?

 

事故車と言っても自走できる軽トラの事故車なら問題なく処分は出来ると思いますが、事故で自走が出来なくなった軽トラの処分は困りますよね!

 

廃車するためにも自動車修理工場やディーラー、解体業者までの輸送に困ります。レッカーをチャーターしたとしてもレッカー代が結構かかります。

 

自走出来ない軽トラの事故車の処分は、持ち出しも覚悟が必要かもしれませんが、上手に処分すれば幾らかのお金が残ることもあります。

 

軽トラの年式や程度、事故の程度にもよりますが、軽トラの事故車でも買取可能なケースもあります。また廃車になるような軽トラでも無料で引き取りや廃車手続きも無料で代行してくれる業者などもあります。

 

事故車と言っても事故の程度も違えば、事故の箇所も違います、修理代もどれほどかかるかがわからないですね!

 

このような軽トラの事故車でも事故車の買取や廃車買取などを利用すれば、持ち出しなし、上手くいけば幾らかの金額で買取してもらえることもあります。

 

事故車の軽トラでも買取してくれる業者もあれば、買取までは無理でも無料で引き取りに来てくれ、廃車手続きまでしてくれる業者もあります。

 

普通にディーラーや自動車修理業者に依頼すれば、引き取り料金や廃車手続き代行費用などを請求される事例でもお金をかけずに処分することも可能です。